子どもの心と病気 メニュー
不登校・家庭内暴力
ADHD(注意欠陥・多動性障害)
高機能自閉症(アスペルガー症候群)
うつ病・統合失調症
リンクについて
リンク集
サイトマップ
管理人へのメール・フォーラムは
〜子供の笑顔を守る為に、色んなことを知っておこう〜
子供の心と病気 > ADHD(注意欠陥・多動性障害) > ADHDの治療

ADHD(注意欠陥・多動性障害)

ADHDとは

ADHDの治療

ADHDと判断されたら、それが始まりです。
原因がはっきりとしたのですから、あとは完治に向けて治療していけばいいのですから。

ADHDの治療の基本は、行動療法と薬物療法を上手く併用して行うことにあります。

行動療法……親や家族が子どもの注意や行動をコントロールする方法を手助けします。学校においても、治療にふさわしい環境を整えてもらったり、親と同様に手助けしてもらうこともあります。ですが、今の日本の現状では、高い期待はできないかもしれません。
他の子どもの教育ときちんと並行して行く為には、教育現場での人員もADHDの専門家も不足しています。

薬物療法……読んで字のごとく、薬を用いて治療します。
こどものためのインターネットガイド



にゃん吉ののほほんショートストーリー



ADHDは何故起きるのか? 
注意欠陥・多動性障害の苦悩
ADHDの治療
学校生活はこう送る
PR






行動療法

ADHDの治療の柱はこの行動療法です。
根気の必要な治療ですが、過去の事例で効果があることは実証されていますので、是非頑張って欲しいです。

ADHDの子どもは、そうでない子に比べて、脳のある部分に受ける刺激が少ない為に、集中できなかったり、衝動的に動いたりします。
そして、『叱る』というマイナス方向への働きかけよりも『褒める』というプラス方法への働きかけの方が、圧倒的に治療には向いています。
(出来なかったことに対して『叱る』のは逆効果ですが、悪いことをしたらきちんと叱ってください。)
ですから、『頑張ったご褒美』や『良くできたことに対するご褒美』は、よりハッキリと、示してあげることが必要です。

まず目標を決め、それに向かって努力し、ゴールすることを目指します。

目標(決まり)
目標や決まりは、だらだらと長いものは不向きです。
わかりやすく明確な言葉で、示してあげます。
決まりごと(ルール)などは、特に目立つように大きい紙に書いて壁に貼っておくとよいです。

努力
基本的に独りでは無理です。
誰かがサポートしてあげなければ、宿題さえも難しいはずです。
例えば、宿題をさせるなら、集中しやすい静かな部屋を用意してあげます。
宿題をする時間を、きちんと時間を決めておきます。
ちゃんとできたら、褒めてあげます。

忘れ物がないように、子どもと一緒に確認しながら準備します。
まかせっきりだったり、勝手にやっては意味がありません。

ゴール
物事をやり遂げただけでは、普通の子と同じだけの高揚感は得られません。その為に、ご褒美が必要になります。
ご褒美はその子が興味を持っているものほど、その子には刺激的ですから、好きなものをご褒美にするのもいいかもしれません。

定期的にゴールとご褒美を与えられるように、計画的に行ってください。


薬物療法

中枢神経刺激薬を使うことで、脳の中の注意や行動を抑制する部分を刺激します。
これにより、長時間集中できたり衝動性を抑えることが可能になります。

治療に用いられる中枢神経刺激薬は以下の通り。

リタリン(塩酸メチルフェニデート)
デキセドリン(デキストロアンフェタミン)
サイラート(ペモリン)

注:デキセドリン(デキストロアンフェタミン)は、海外では多く使用されていますが、現在の日本では使用されていません。

薬物による治療は、専門の医師にしかできません。

また、薬物は、投与されている時の状態は改善されますが、根本的な原因を治療しているわけではないので、行動療法とも併用が不可欠です。

〜 Copyright (C) 2010 子どもの心と病気. All Rights Reserved 〜