子どもの心と病気 メニュー
不登校・家庭内暴力
ADHD(注意欠陥・多動性障害)
高機能自閉症(アスペルガー症候群)
うつ病・統合失調症
リンクについて
リンク集
サイトマップ
管理人へのメール・フォーラムは
〜子供の笑顔を守る為に、色んなことを知っておこう〜

子どもの心と病気・問題行動を考える

不登校・家庭内暴力

子育て中の方へ

家庭内暴力・児童虐待……そんなニュースが毎日のようにテレビから流れてきます。
夢と希望を持って生まれてきたはずの子どもなのに……とっても悲しいです。(#T-T)
子育ては大変な仕事です。

時にはイライラさせたり…… (-゛-メ)

自由を奪われることも…… (o ><)o

子どもは、上手く出来ない自分に腹を立てることも…… (ノ`△´)ノ

子どもが大好きでも、手が出そうになることもあるでしょう。
大好きなお母さんなのに、傷つけることを言ってしまうこともあるでしょう。
そんな時、周りに相談できる相手がいなければ、このサイトに辛い思いを吐き出していってください。
それだけで、少しは気分が晴れるはずですよ。フォーラムでもメールでも……。
こどものためのインターネットガイド



にゃん吉ののほほんショートストーリー



ADHD(注意欠陥・多動性障害)
高機能自閉症(アスペルガー症候群)
うつ病・統合失調症
メール・フォーラム
PR





児童虐待について

厚生労働省が発表している資料では以下のようになっています。

児童相談所における児童虐待相談対応件数

20年度 42,662件
19年度 40,639件
18年度 37,323件

12年度 17,725件


調査を始めてから、毎年件数は増えていますが、これが児童虐待の増加を表しているのかというと、そうとも言えません。
児童相談所に相談が寄せられた件数なので、以前なかなか相談に結びつかなったものが、児童虐待のニュースや各機関への呼びかけで、効果を発揮したものとも考えられます。

でも、これが児童虐待の氷山の一角だとすると、未だに救われずに苦しんでいる子どもたちが多いのは事実です。

虐待に合った子どもはその心に深い傷を負います。子どもだけでなく、加害者である人も、同様に傷を負うこともあります。
また同じような苦しい子ども時代を経験している場合も……。

子どもの心のケアは大切です。でもそれと同じだけ、子育て中で苦悩している親も、ケアしてもらえるシステムがもっともっと増えて欲しいと願います。

それだけでも、虐待はきっと減っていくはずですから……。


また、子どもの問題行動には、子育ての環境が原因で無い場合もあります

ADHDや自閉症の子どもを育てている方は、子育てはこんなに大変なものなのかと、辛い日々を送っている場合が多いと聞きます。
一生懸命頑張っているのに、子どもが全く言うことを聞いてくれない。
それが、母親に必要以上のストレスを与え、うつ状態に陥ったり、虐待につながったり……。

でも、ADHDや自閉症だとわかれば治療できるし、安堵感は大きいはずです。
子どもの様子が他の子どもと違って悩んでいる方は、まずはこのサイトに目を通してください。
そして独りで悩まないように、共にがんばってみましょう。



生まれること
このサイトについて

このサイトは、子どもたちを取り巻く問題で悩んだり、苦しんだりしている方の負担を少しでも軽くなればと作成しました。

不登校・暴力行為……自閉症に、ADHD、様々な問題と立ち向かうには、ひとりでは心細いものです。

でも、子どもが頼れるのはいつも近くにいてくれる親であり、家族です。
それだけを信頼して、子どもは大きくなっていきます。
そして自分が大切に思うだけ、子どもはそれに答えようと一生懸命頑張ろうとします。
子どもにとっては、あなたの笑顔が一番の宝なのです。

だから負けないでください。

疲れた時には、一休みすればいいんです。

失敗したら、もう一度積み直せばいいんです。

きっと、みんなが笑顔になれるはずです。

〜 Copyright (C) 2010 子どもの心と病気. All Rights Reserved 〜